ノミナビ

「飲みたい」が見つかる

【迷ったらコレ!】「ラム酒」おすすめランキング21選

 瀕死の兵士たちにラム酒をいくらか飲ませたところ、みな息を吹き返した。

            -ベンガル隊将校シータ・ラムの自伝より

f:id:BioShock:20200625222646j:plain

 

 

こんにちは。

 

今回は4大スピリッツの中でも種類分けが多岐にわたる「ラム酒」を紹介していきます。

 

ラム酒」を飲んだことがなくても、海賊が飲んだくれているイメージで知っている方はいらっしゃるかと思います。

 

ラム酒」の何が彼らを惹きつけていたのか、この記事を読んでそれが伝わるといいと願っています。

 

 

 ラム酒」の定義

 ラム酒とはサトウキビを原料とし、蒸留によりアルコール度数を高めたスピリッツです。ほかの4大スピリッツ(ウォッカ、ジン、テキーラ)とは違い穀物を原料としておらず、その原料の味わいから甘味が強いものが多いのが特徴です。

 

f:id:BioShock:20200613224236j:plain

 

ラム酒」の種類

 「ラム酒」の種類はその色合いや製法により多岐により分かれます。

 

「ホワイト・ラム」

 淡色、無色のラム酒を指します、後述の「ゴールド・ラム」に対して「シルバー・ラム」と呼ばれることもあります。雑味のないクリアな味わいのものが多く、飲みやすいためラム酒の入門としてオススメです。活性炭でろ過して作られたラム酒は無色透明で、「ホワイトラム」と呼ばれます。「ゴールドラム」に対して「シルバーラム」と呼ばれることもあります。原料の風味をシンプルに楽しめるものが多く、味や香りにクセがなく飲みやすいので、初心者にもおすすめ。

 割り材の味や色合いを活かすため、カクテルベースとしても活躍します。汎用性の高いラム酒として幅広い層に人気です。

f:id:BioShock:20200617230427j:plain

 

  「そもそもお酒があまり得意でない」という方や、「カクテルに使いやすいお酒がいい」という方は「ホワイト・ラム」がオススメです。

 

「ゴールド・ラム」

 オーク樽等で熟成され、ウィスキーやブランデーのような淡い琥珀色を持つ「ラム酒」が「ゴールド・ラム」です。「ホワイト・ラム」よりも香りや味わいに特徴を持つものが多く、ストレートやロック、カクテルベースといった幅広い楽しみ方ができます。樽熟成による深い香りや、カラメルのような甘みが程よく感じられ、ちょうど「ホワイト・ラム」と「ダーク・ラム」の中間のような立ち位置です。

f:id:BioShock:20200617230342j:plain

 

 「ホワイト・ラムからステップアップしたい方」や、「お酒本来の持つ味わいを楽しみたい方」「ゴールド・ラム」がオススメです。

 

「ダーク・ラム」

 ジャマイカ産のものに多くみられる、樽で3年以上の長期間熟成させた濃褐色の「ラム酒」が「ダーク・ラム」です。濃厚な香り、独特の味わいを持つものが多く、自分にピッタリの銘柄を見つけるとどっぷりとハマってしまう奥深さがあります。「ゴールド・ラム」よりさらに風味が強いため、カクテルベースというよりは、そのまま楽しむスタイルが人気です。ストレートやロックが一番おすすめですが、コーラと割っても風味が消えないためカクテル「キューバリブレ」で楽しむのもアリです。

f:id:BioShock:20200617230628j:plain


 「長期熟成から生まれる重厚さを楽しみたい方」や。「晩酌をしながらゆっくりと自分の時間を噛みしめたい方」「ダーク・ラム」がオススメです。

 

ラム酒」の歴史

 「ラム酒」の起源説は2つ説があります。17世紀初頭に西インド諸島のバルバドス島に移住したイギリス人が、島に繁るサトウキビから蒸留酒を造った説と、 16世紀初頭にプエルトリコに渡った、スペインの探検家ポンセ・デ・レオンの隊員が土地のサトウキビから蒸留酒を造ったという説です。いずれにせよ、17世紀にはヨーロッパで「ラム酒」製造されていたのは確かなようです。

 

 

f:id:BioShock:20200614222152j:plain

 

ラム酒」の製法

 サトウキビの糖蜜を発酵させ、蒸留器でアルコール度数95度未満まで蒸留を行います。その後、割水しタンクもしくはオーク樽で熟成し、活性炭を使いろ過し完成です。

 

 基本的な製法は同じですが、発酵方法や熟成方法の違いにより、「ライト」、「ミディアム」、「ヘビー」の3つに分類されます。

 

おすすめ「ラム酒」ランキング

 

1位 ロン サカパ 23年

amazonで買う

楽天で買う

 

 サトウキビの一番搾りであるバージン・シュガーケイン・ハニーのみを使用して造らられた、こだわりのダーク・ラム。独自の「ソレラ・システム」を採用し、6年~23年という長期間の熟成を重ねた経たラム酒ブレンドした極上品です。熟成したバーボンや、シェリー酒のような贅沢な香りが特徴です。

 ただの「ラム酒」に収まらない複雑な味わいで、ビバレッジ・テイスティング・インスティテュート・オブ・シカゴ金賞をはじめ、国際ラムフェスティバルのプレミアム・ラム部門殿堂入りなどの受賞歴を誇ります。

 その複雑で上品な香りを楽しむために、ぜひストレートかロックでお楽しみください。

 

2位 キャプテン・モルガン プライベートストック

amazonで買う

楽天で買う

 

 プライベートストックとは、生産者が仕上がりのいいものをブレンドし、自分たちのためにストックしておいたものを指します。その名のとおり希少で厳選されたものを使用しているた銘柄で、バニラのような甘みが強く、上質でフルーティーな香りを楽しむことができます。ストレートやロックで、じっくりと味わうのもいいですしその芳醇な香りを生かし、コーラで割るキューバリブレもおすすめです。

 また、バニラアイスにかけても非常においしく、アイスの甘さとラムの香りが混ざり合い、香り豊かな味わいを楽しむことができます。甘いラム酒が好きな人な人に超おすすめの高級ゴールド・ラムです。

 

3位 ハバナクラブ 7年

楽天で買う

 

 7年間の熟成を重ねた、ダーク・ラム。ライトタイプでありながらもコクがあり、深い味わいが特徴で、それが人気の理由のひとつにもなっています。バニラ、ココア、トロピカルフルーツなどの香りを複雑に感じ、後味に若干のスパイシーさがあります。とても、まろやかな口当たりで飲みやすく、ダーク・ラムが苦手な方にもおすすめです。豊かな風味を感じるために、ストレートやロックで飲むのがおすすめです。

4位 バカルディ スペリオール

amazonで買う

楽天で買う

 

 「ラム酒」といえば、すぐに頭に浮かぶこちらのブランド「バカルディ」。カクテルベースとしてバーテンダーの絶大な支持を得ており、150年以上の歴史に裏打ちされた安定感は抜群です。ホワイトオーク樽の熟成によりまろやかな味わいになっており、すべてのカクテルによく合います。コンビニ等でも手に入り安く、気軽にラムを楽しめる入門として超おすすめです。

5位 ハバナクラブ 3年

楽天で買う

 

  「ハバナクラブ」はラム酒の本場キューバ1878年に誕生して以来、140年以上の歴史を誇るホワイトラムです。ホワイト・ラムとしては珍しいオーク樽で3年間熟成をしており、バニラやバナナのようなフルーティーな甘みが特徴です。国内では後述のバカルディと人気を2分する定番のホワイト・ラムですが、熟成による深い味わいを求めるならこちらがおすすめです。

6位 コルコル・アグリコール

amazonで買う

楽天で買う

 

 沖縄の南大東島でとれたサトウキビを使った国産ラム酒。一本ずつ丁寧に手絞りしたサトウキビジュースを原料としており、世界的に見ても非常に希少価値の高いホワイト・ラムです。原料は国産100%にこだわっており無添加・無着色で、ラベル貼りから瓶詰めまでをすべて手作業行っています。月に5000本の限定生産であるため、手に入るうちに買いだめておくのが吉。サトウキビ本来の味わいを楽しめる国産ラムとして、非常におすすめです。

 

7位 パンペロ・アニバサリ

amazonで買う

楽天で買う

 

  口に含むと、甘さのあとに感じる辛口な味わいが特徴的なダーク・ラム。ベネズエラ産の上質なサトウキビを原料としており、蒸留後にアメリカンオーク樽を2種類使用して6年間熟成するという手間暇かかっている高級ラムです。長期熟成による深い味わいを楽しむために、ストレートで飲むのがおすすめです。また、購入すると豚皮に銘柄が刻印された袋に包まれて送られてきますが、高級感があり非常にいいです。

 

8位 バカルディ ゴールド

amazonで買う

楽天で買う

 

  2~3年かけてオーク樽で熟成させた、バカルディラムの原酒をブレンドしています。熟成によるフルーティーな風味を感じ、後味に感じるコクが特徴です。ストレートやロックでも飲めるスムースな味わいですが、コーラで割るカクテル「キューバブレ」が非常によく合います。コスパが非常に優れており、手軽に楽しめる気軽さがおすすめです。

 

9位 マイヤーズラム オリジナルダーク

amazonで買う

楽天で買う

 

 「マイヤーズラム オリジナルダーク」はダーク・ラムの代名詞といって過言ではないほどの知名度を誇ります。4年に渡る長期間熟成により生まれた、芳醇な香りと味わいが特徴で、不透明で濃密な琥珀色をしたダーク・ラムです。ストレートやロックで飲むが一番おすすめですが、好みが分かれる場合もあるのでパイナップルジュースなどのフルーツジュースで割るのもアリです。

 

10位 キャプテン・モルガン スパイス

amazonで買う

楽天で買う

 

 前述の「キャプテン・モルガン」のゴールド・ラムです。こちらは非常にフルーティーな香りとスパイス、バニラが香るフレーバーのラムとなっています。アルコール度数は35%と飲みやすく、熟成を感じるのにすっきりとした味わいです。ストレートで芳醇なフレーバーを感じるのもいいのですが、コーラとの相性が抜群で、ぜひライムを一絞りして南国を感じてください。ーラ割りやジンジャーエール割りでの飲み方が人気です。幅広い飲み方ができるので、ゴールド・ラムに挑戦してみたい方におすすめのラムとなっています。 

 

 11位 トロワ・リビエール ブラン

amazonで買う

楽天で買う

 

 アグリコール製法により、サトウキビの持つ甘さを活かして造られたホワイトラム。豊かな香りとフローラルな味わいが楽しめます。軽めでありながら、芳醇な香りが楽しめるのはトロワ・リビエールならではと言えるのではないでしょうか。ホワイト・ラムでありながらも深みを感じることができるのが魅力です。カクテルベースとしても使いやすく、ワンランク上のホワイトラムを探している方におすすめです。

 

12位 セルバレイ ホワイト・ラム

amazonで買う

楽天で買う

 

 グラミー賞を受賞し、世界的に有名なアーティスト「ブルーノ・マーズ」が蒸留所に出資してプロデュースした「ラム酒」です。中身の出来も素晴らしく、「ラム造りの天才」と言われた「ドン・パンチョ」協力のもと、すべてにこだわり抜いて造られています。なんと、熟成期間が3年と5年のラム酒ブレンドしたうえで活性炭で丁寧にろ過し、クリアなかつフルーティーな味わいを実現しています。ボトルもおしゃれでインテリアとして、話題のネタとしておすすめです。

 

13位 レモンハート デメララ

amazonで買う

楽天で買う

 

 ラム酒の中でも高い知名度を誇るレモンハート、漫画「Bar レモンハート」のタイトルの基になっていて、日本国内でファンの多い人気の銘柄です。レモンハートデメララは151プルーフ(75.5度)もありますが、今回紹介するのはアルコール度数40度の1804です。デメララとはお菓子の原料にも使われるデメララシュガーを指しており、その名のとおりの黒糖臭を感じるダーク・ラムです。ほのかに感じる甘みとまろやかな口当たりで、好みの分かれるダーク・ラムの中では飲みやすい部類です。価格もお手頃なので常備のダーク・ラムとしておすすめです。

 

14位 キャプテンモルガン ブラック

amazonで買う

楽天で買う

 

 「キャプテン モルガン」は、17世紀にカリブ海でイギリスの海賊「ヘンリー・モーガン」に因んで命名されています。キャプテンモルガンのブランドからは多数の銘柄のラム酒が発売されているのですが、14位にはダーク・ラムがランクイン。キャプテン・モルガンといえば、フレーバーを添加したスパイスドラムが有名ですが、こちらのブラックラベルにはフレーバーは添加されていません。それゆえに、ダークラム本来の濃厚な味わいと香りを楽しむのには最適です。

 

15位 ロンリコ ゴールド

amazonで買う

楽天で買う

 

 1860年に誕生した歴史があるゴールド・ラム。蒸留後に内側を焦がしたホワイトオーク樽により熟成された豊かでリッチな味わいが人気で、ラム酒はロンリコでなければいけないという人もいるほどです。価格も手ごろであるため、気軽に試せるのもポイントが高いです。

 

16位 モーリシャス ロムクラブ シェリースパイスドラム

amazonで買う

楽天で買う

 

 「天国に一番近い島」と言われるモーリシャスのラム。南国の楽園マルティニーク産のサトウキビを使用し、マラスキーノチェリー樽で熟成、後シェリー樽に詰めるといった非常に手の込んだ工程を経たダーク・ラム。

アーモンドやサクランボなどの香りが特徴的で、ラムコンペ「TOP RUM」での連続受賞した実力のあるラムです。

 

17位 プルトン ホワイト ラム

amazonで買う

楽天で買う

 

 1749年創業の、ジャマイカ最古のメーカー、アプルトン社のホワイト・ラム。サトウキビの栽培からラム酒の瓶詰めまでを自社で行っており、単式蒸留と連続式蒸留のラム酒ブレンドした味わいは非常にクリアでまろやかです。カクテルベースとしておすすめです。

 

18位 クラーケン ブラックスパイス ラム

amazonで買う

楽天で買う

 

 こちらはクラーケンをあしらったボトルが特徴的。 トリニダードトバゴ産のラム酒に11種類以上のスパイスをブレンドしたブラック・スパイスト・ラムです。まさにクラーケンのスミを思わせる色合いが目を惹きます。味わいは、複雑かつヘビーで、好みは分かれますが、クセになるとやめられません。スパイスの風味が濃いので、そのままよりもコーラで割ったり、エナジードリングで割る「クラーケン・ボム」がおすすめです。

 

19位 ラ・マニー 1749アンブレ

amazonで買う

楽天で買う

 

 マルティニーク島のラ・マニー蒸留所で作られたゴールドラムです。ラ・マニー蒸留所は1749年にフランスから移住したマニー侯爵が蒸留を始めたのがきっかけとされています。アグリコール製法によりサトウキビを贅沢に使ったこのラムは、ブリュッセルワールドコンクールやパリラムフェアなどの受賞歴があり、かなりの実力派です。

 また「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」において、シャアが愛飲していたラムでもあります。ガンダムファンの方、是非お試しあれ。

 

20位 マイヤーズ ラム プラチナホワイト

amazonで買う

楽天で買う

 

 ダークラムで有名な「マイヤーズ」のホワイトラムです。「マイヤーズ」はラムの本場ジャマイカの首都に拠点を置く酒造メーカー。ジャマイカ産の中でも最高級にこだわっています。丁寧にろ過を行っており、まろやかで非常に飲みやすく仕上がっています。モヒートなどのカクテルはもちろん、ストレートでも美味しく飲めてしまいます。

 

21位 サントリーラム ゴールド
<

amazonで買う

楽天で買う

 

 クセが少なく、香りも優しいゴールド・ラムです。優しい口当たりですが、しっかりとコクも感じられるため、初心者の方でも飲みやすいです。カクテルベースとしても気軽に使えるため、カクテルを手軽に楽しむ方にぴったりです。